SEO対策を極め検索上位を狙い乍ら趣味のDO IT MYSELF テーマに無ければ外部ツールを使っても欲しい関連記事ガジェット

テーマに無ければ外部ツールを使っても欲しい関連記事ガジェット

関連記事ガジェットのないBloggerには外部ツールの関連記事ガジェットを使う方法がある, Use a related posts Widget in Blogger Template without related posts gadget, 没有相关阅读小工具的Blogger可用外部提供的相关阅读小工具


  当ブログはBlogger用テンプレートVaster2を使っていますので、関連記事ガジェットが装備されていました。筆者はBloggerを中心にブログを運営していますが、Bloggerには関連記事ガジェットがないのです。「人気の投稿」や「最近の投稿」はあるのにです。

  外部テンプレートでも関連記事ガジェットを装備しているものと、装備していないものがあります。一層ブログツールのような外部関連記事ガジェットがないものかと思っていましたが十数年前は関連記事ガジェットを諦めるしかなかったのでした。

  Bloggerに戻ってから色々と関連情報を収集しているうちに、関連記事ガジェットを幾つか見つけました。これは見失わない様にリンクを残さなくては、と思いましたw

Bloggerでも使える関連記事ガジェット

relpostsgad(リレポスツガッ) - 作者:pekoオッサン(エンジニア)
特徴 ● 関連記事は(プログラムによる)構文解析によって自動検出します。
       ● ガジェットの設置はコピー&ペーストするだけ(コードは2行のみ)です。
       ● オプション(HTML要素の値)指定で動作や表示をカスタマイズできます。
       ● シンプルな表示です。(テキストのみのリスト表示)
       ● スタイルシートでのカスタマイズも考慮しています。
       ● 無料でご利用いただけます。

  見た目、設置方法、カスタマイズ方法を詳しく説明しますので、別途記事を用意する予定です。

Milliard関連ページプラグイン - シスウ株式会社
特徴 ● 画像のタテ・ヨコ比が違ってもきれいに並ぶ
       ● スクロールで多くの記事を推薦できる(PC推薦)
       ● スマホ / PC / タブレットあらゆるサイズのデバイス対応
       ● Javascript使用でOFFになっていると表示できない
       ● robots.txtで拒否されるページや一般公開しないサイトは表示できない
        ● 将来的に広告を入れる可能性あり(将来アフィリエイトに不利)

  見た目、設置方法、カスタマイズ方法を詳しく説明しますので、別途記事を用意する予定です。

LinkWithin関連記事とサムネール - 海外のガジェットです
特徴 ● 関連記事を各投稿ページの下に表示させる
       ● 最近の記事だけでなく過去記事も無駄にしない
       ● ページビューを増やし、読者の関心を引き付ける
       ● エレガントで控えめなデザイン
       ● 無料で簡単にインストールできます
       ● サインアップは必要ありません

  見た目、設置方法、カスタマイズ方法を詳しく説明しますので、別途記事を用意する予定です。

Smarter Related Posts Widget for Google Blogger - v2.0 - マイク(WEB開発)
特徴 ● サムネールあり/なし/サイズを選択できる
       ● 2つのCSSスタイルを選択できる
       ● オプション指定によるカスタマイズができる
       ● 投稿ページ以外での表示/非表示を選択できる
       ● ウィジェットはjQueryプラグインとして書き直した

  見た目、設置方法、カスタマイズ方法を詳しく説明しますので、別途記事を用意する予定です。

何故関連記事ガジェットが欲しいか

  関連記事ガジェットは結構重要なSEO要素なのです。ユーザーが情報を検索する場合、検索結果の1ページで満足するケースは余りない、筆者の場合もそうですが、より確しかな情報を得る為には何度もキーワードを変えて検索します。関連記事ガジェットがあれば、その必要情報を補えるかもしれません。そして関連記事はユーザービリティとして、複合的な効果があります。

  もし自分がユーザーだったら、投稿記事の下に関連記事を見つけられる事は、新たに検索するよりも有益な情報提供方法だと思います、探すことは結構労力と時間を費やされます。

  では、ブログ運営者にとってはどうでしょうか。
● ユーザーの滞在時間が長くなる事で検索エンジンの評価は上がる
● 折角提供した情報をより多く読んでもらえる(情報発信者の目的)
● 埋もれがちな過去記事を活かせる事ができる

  ブログ自体にメリットが多い関連記事ガジェット、正に内部SEO対策です。

関連記事ガジェットの気になるところは?

  関連記事のデメリットを考えて見ると、唯一気になるのはページの表示速度が少し遅れてしまう事ではないでしょうか、それが検索エンジンの評価を落とす心配に繋がるのかも知れません。しかし、関連記事ガジェットの作者は改善を進めているし、現在のインターネット環境では昔ほど気になるような時間差はありません。クローラが検出できる僅かな時間差は存在しますが、それよりもSEOのメリットが遥かに大きいのです。

  関連記事ガジェットの質とデザインも判断要素になりますね。当記事に挙げられた関連記事ガジェットは多くのユーザーが現在進行形で使っている有名ガジェットであり、今のところは特に問題なく稼働しております。筆者と仕事仲間がそれぞれ運営する別ブログでも、それらの関連記事ガジェットを使っており、取り敢えず問題はありません。

  もう一つ、Googleがコンテンツの自動生成に対するペナルティがある事で、関連記事ガジェットは自動的に記事のリンクを生成するから、スパム認定されるのではないですか?とGoogleオフィスへ問いかけた人がいました。

  それに対して、Googleのジョン・ミューラー氏の答えは、
コンテンツの関連記事を示すリンクは、ウェブサイトをクロールして、もっと多くのコンテンツを発見するのに、とても良い手段になる。
でした。また、Googleにとって、
問題になるのは、ページのメインコンテンツを自動的に生成している場合だ。大量のテキストを取得してきて操作したり、あるいは同義語を置き換えて自動でコンテンツを作り出したりしているのであれば、検索にとってはそんなに価値がないと私たちは考える。

  大丈夫です!関連記事ガジェット始め、ユーザーにとって有益なガジェットは、スパム扱いされる心配はないと言う事です。