学んで実践するSEO対策 Vaster2とBloggerの内部テンプレートの構造エラーをせっせと修正します

Vaster2とBloggerの内部テンプレートの構造エラーをせっせと修正します



  こんばんは、深夜過ぎです。こんな時間しか自由が無くて、不自由だわ~、Vaster2を入れてから構造エラーを知って既に1週間くらいになりました。もっと早く作業したかったのに・・・・・・おかげで構造エラーをそのままにするとどうなるかを見る事ができました。

  この1週間のアクセスは緩やかな弧を描いて、Vaster2を入れてから徐々にアクセスが増え、2日ほどで徐々に減り、やがって以前に戻ってほぼアクセスゼロ状態です。クローラが巡回する期間が昔と比べて早いので、それが約1週間との事でした。もしかして、嫌われてしまったのでしょうか。

  構造エラーの明細は下図のような状態です。


  うわ~いっぱいだぁ~、と最初は焦りましたが、良く見ると投稿部分のエラーと警告は全部同じ数でした。投稿を増やせば構造エラーの表示も増え、これはもしかして同じエラーが各記事に影響を与えている、と言う事ですかね。

  では、BlogPosting当たりのエラーはどうなのかと開いて見ました。


   今日は取り合えずエラー部分をなおしましょう。ネットで調べながらなので、時間が掛かりそうです。エラーは6つありました。


  ネットで「Vaster2 構造エラー 修正」で検索すると、すぐに教えてくれるサイトが見つかりました、有難いです。

エラー image_url の修正

  参考にさせて頂いたサイト:プゥ二郎の日記

  Bloggerの管理画面のメニュー「テーマ」に入り、「HTMLの編集」をクリックします。現在使っているテンプレートをバックアップします。バックアップの仕方を忘れたまたは自信がない方は、Vaster2を使うまでの手順を説明した記事に書いてあるので、参考にして下さい。

  HTMLの編集画面で「CTL」+f で右上に検索BOXを開き、「image_url」を入力して下記コード部分を見つけ出します。


  反転している「image_url」を「image」に修正します。ちなみにVaster2のテンプレートには「image_url」のコードは上記部分だけで、一度修正するとエラー表示は消えました。同時に「image」のエラーも消えました。忘れずに「テーマを保存」をしましょう。

  contentで指定したfirstImageUrlは恐らく文章の始めに使われるアイキャッチ画像のことで、埋め込み時のリンクを外したから生じたエラーかな?と思いましたが、どうやらGoogleは「itemprop='image_url'」を認識せず、「itemprop='image'」を認識しているらしいです。このエラーはVaster2に限った事ではありません。

  筆者が作った他のブログもチェックしました、多いところでは80個も同じエラーが出ていました、つまり投稿の数だけエラーが出ていると言う事ですね~テンプレートの構造化データエラーに間違いないのです。言っときますがGoogleさん、他のブログは全てBloggerの内部テンプレートを使っているのです。これはかなりうざいです!

  時系列の関係を見つけられなかったので憶測ですが、内部テンプレートはかなり古くからあるもので、HTMLデータの構造化は内部テンプレート制作の後に行われた、故に古いBlogger Templatesは殆どが構造化データーのエラーが出るのは当たり前のことで、「置いてけ堀」状態の古いテンプレートを使う人が自分でエラー修正をするのが前提と言う事です。これが恐らくBloggerを使うとなかなかインデックスされない理由ではないでしょうか。

  Bloggerで作ったブログは全て構造化データテストをして、エラー修正をしなくちゃいけないですね。Bloggerには推奨している動的テンプレートと言う新しいテンプレート群があり、そっちの方は多分問題ないと思いますが、デザイン的に使いたくないものばかりでした。うざいですよ。本当に!仕方がないから、自分で修正しますけどね。

エラー author の修正

  理由を参考にさせて頂いたサイト:galife
  修正を参考にさせて頂いたサイト:すたすた式

  修正方法は分かりましたが、原因がはっきりせず、なんとなく知りたいと思って探し続けたら、原因は❝Blogger の 各ページ が microformats.org スキーマ に対応した マークアップ になっていないことです。❞で納得しました。

  HTMLの編集画面で「hentry」を入力して下記コード部分を見つけ出します。


  そのすぐ下に反転している部分のコードを追加します。ここで「author」だけ修正すると新たに「name」のエラーが出来ます。なので、両方一緒に修正しました。


  最後は「テーマを保存」をクリックします。

 エラー datePublished の修正

  HTMLの編集画面で「hentry」を入力して下記コード部分を見つけ出します。


  ここまでは上記エラーと同じステップです。反転している部分のコードを追加します。


  追加する場所は上記エラー修正用に追加したコードの上でも下でもOKです、これで構造化データエラーはちゃんと消えます。次のエラー修正をする前に、「テーマを保存」で一旦修正したテーマを保存します。

エラー headline の修正

  これもBloggerテンプレートがheadlineのマークアップをしてないから出るエラーです。 HTMLの編集画面で「hentry」を入力して下記コード部分を見つけ出します。


  修正コードを下記反転部分のように追加します。


  「テーマを保存」を忘れずに。

エラー publisher の修正

  いよいよ最後のエラーです。はぁ~緊張もあって、結構目が疲れます。HTMLの編集画面で「hentry」を入力して下記コード部分を見つけ出します。同じ作業を繰り返しているので、同じ修正場所です。修正場所が同じなのは全部同じマークアップの問題だからです。


  取り敢えず修正コードを追加しますが、今回は数行のグループで追加します。


  「publisher」だけを修正しょうとすると、新たにpublisherに関する「logo」、「url」、「name」のエラーが出ます。ここのlogoは法人むけのものと思われ、そのlogoのurlもセットで値を指定する必要がある訳ですが、個人ブログでlogoなんか作ってないので、プロフィール画像のURLを代わりに入れました。logoのnameも指定が必要なので、面倒だからブログタイトルを取得する為のコードを入れました。

  う~ん、これがBloggerのハードルを上げているのよね、日本でBloggerが広がらないわけですわ~Bloggerもサービスを提供している意識ではなさそうですよね、使えるもんなら使って見ろって感じですか。そのかわりに自由があると言う事かな、日本のブログで毎月幾らか取られるくらいなら、Bloggerでハードルを越える方がいいですね。

  はい、今日はここまで、エラーは修正されている事を確認しました。お疲れ様でした♪

p.s.
  警告エラーの修正も終わりましたので、参考にしたい方は「Vaster2構造エラーに続いて警告部分も修正しましょう」へどうぞ。