学んで実践するSEO対策 検索エンジン最適化には外部SEOと内部SEOがあるよ

検索エンジン最適化には外部SEOと内部SEOがあるよ

検索エンジン最適化には外部SEOと内部SEOそしてユーザービリティがある事を知って置こう, To kowing inside SEO & outside SEO & userbility

  ネットでSEO対策を調べても調べても、あれ?これ?言ってる事が違うじゃないか、どれを信じればいいの?と苦しんだのを思い出します。理由は簡単で、全体像が見えてこないからですね~

  筆者の本職はネットと関係なかったもので、子育に入ってからは夜な夜な数時間ずつしか自由がなく、これを理解するまでに長い期間が掛かりました。

  子供たちが学校で、先生の教えをまるで砂のように零しているのと同じような感じがします。学校では先ず何を学ぶか、単元の全体像を示さない、それらの必要性も問わない、故に子供たちも何を何のために勉強するのか、わからない。

  アフィリエイトサイトでSEOを語るページは、殆どが一部だけ触れている場合が多いです。得意分野を語ると言うのもわかりますが、SEOの全体像を示したら、アフィリエイトのライバルを増やしてしまいますね。ライバルで有能な人が多いとその人たちのサイトが上位になってしまいますね。どうしましょう、なんて。

SEO対策には内部SEOと外部SEOがあります

  内部SEOとはサイト内部を技術的に改善する事で、外部SEOとは検索エンジンに対して、好感を持たせて検索上位に上げてもらう為の技術です。

  内部SEOには更に「ユーザービリティ」と言う要素があります。それに対し、検索エンジンのロボットに好かれるための、「クローラビリティ」と言う用語もたまに見ます。

  筆者もまだ全体を理解しているわけではないですが、幾つかの対策でサイトが成長しているのは確かで、その成長していたサイトを弄っていたら、急に検索エンジンから弾かれてしまった事もあり、SEOの必要性も痛感しました。

SEO対策は即効性のあるものではない

  持続させる事で徐々に効果が表れるものです。クローラが世界中のネットを巡回するのに、時間が掛かかるからです。それでも今は昔と比べてかなり早くなっていて、クローラも複数存在しているようです。

  しかし気を付けて下さい、SEO対策を間違ってしまった時、検索エンジンに見捨てられるのは超即効性がありますよ。筆者はいくつかのブログで実験していましたが、何度も痛い目にあいました。一度作り上げたブログはあまりいじらない方がいいです。

  SEO対策を短絡的に結果だけを急ぎ、思うようにならなければすぐに変えてしまうなら、
空回りするから最初から何もしない方がいいです。

  内部SEOと外部SEO、どっちを先にした方がいいか、それは気づいたところから手を入れる事が一番です。またサイトを公開している以上、寧ろユーザービリティの向上を優先すべきですね。

  ユーザービリティとは何か、知らないなら先ずそれを知る事から始めましょう。