学んで実践するSEO対策 サイトを作るなら知って欲しいBloggerのメリットとデメリット

サイトを作るなら知って欲しいBloggerのメリットとデメリット

Bloggerの管理画面, Control menu of Blogger, Blogger的控制屏面


  一時期、Blogger VS WordPress と注目されるほど、Blogger は日本で普及しそうな勢いがありましたが、今では WordPress が全世界のシェアの大半を独占し、日本のブロガーはBloggerから散って行きました。

  WordPressは日本語対応のテンプレート、しかもSEO対策済みのものが多くあり、アフィリエイターがコンテンツ作成に集中でき、効率を求める日本人に好まれました。しかしWordPressは自前のサーバーが必要で、最初からサーバーコストが掛かるのです。

  Bloggerはあの Google 傘下のブログサービスであり、色々言われている事はありますが、使って見るとわかる事も多くあります。では、一般的に言うメリットとデメリット別に考察してみましょう。

Bloggerを使うメリットはどこにある?

① 完全無料

  日本のブログサービスでも10~20個まで作れるが、Bloggerは1つのアカウントでブログを100個作れます。それなのに、色んな意味から完全無料であるのは、Bloggerだけです。Googleはやはり懐が大きいです。もうありとあらゆる興味のある分野を、存分に書き散らしていいと言う事です。

② 強制広告なし

  日本のブログサービスでは強制広告があり、ユーザーのソフトである部分のコンテンツは、サービス側の広告料稼ぎの養分になっています。強制広告を取るのに毎月数百円って、なんですか?それ。

  Bloggerはサービス側の広告一切無しです。まっさらです。

③ アフィリエイトは自由

  強制広告もないのに、アフィリエイトを自由にしていいって、も~Bloggerは存在自体が貴重です。

④ カスタマイズ自由

  実はBloggerのコードは少し特殊ですので、ここが少々ネックです。でも勉強すれば、基本的にカスタマイズ自体は自由にできます。

⑤ Google Adsenseを使える

  管理画面で直接Google adsを申し込んで、使えるってことです。申請したブログと縛りがあるので、ブログごとに申請が必要らしいですが、これも少しネックになっていますね。それでもブログ内でads申し込めるのは、Bloggerだけです。

  勿論、既にadsを使っている方は、紐づけしてBloggerの全ブログで使えます。

⑥ Google Search Console との連携

  同じGoogleのサービスなので、繋げるのがとっても簡単です。各サイトの管理が楽々にできます。今ではサイト管理に Search Console は欠かせないでしょう。

⑦ Google Analytics との連携

  これも同じGoogleのサービスで簡単に繋げます。Google Analyticsの解析機能は素晴らしく、Google以外のサービスやWordPressのブロガーも、特にアフィリエイトをしているサイトは、必ずと言っていいほど使っています。そもそもBlogger自身でも、独自のアクセス解析を備わっています。これはなかなか便利です。

⑧ 独自ドメインが使える

  殆どのブログサービスにある機能です。独自ドメインだけはどこのサービスでも、自分で購入して使うので費用が発生します。

  どうですか?Bloggerはいいと思いませんか?全くの初心者でも、Blogger でブログを作る最初の一歩を教えますよ。

Bloggerのデメリットは何?

一般的に言われることは以下です。

① 集客が大変

  Bloggerは、pin1つ以外に集客ツールはありません。う~ん、確かに。集客をしたければ自力でSNSなどを使います。でもG+なら投稿を公開すると同時に自動的にアップできる機能がありますよ。筆者は他のツール等も探しています。

② テンプレートが少ないしカスタマイズは専門知識が必要

  「Blogger Templates」で検索すると、沢山のテンプレートを見つけられますが、問題は日本語対応していない事ですね。オリジナルテンプレートも種類が少ないです。最近は日本のブロガーによる、日本語対応のBlogger専用テンプレートが公開されました。ユーザーが増えれば数も増えるのではと、筆者は期待してもいいと思います。

  当ブログでも個性的でかっこいい海外テンプレートを紹介していますので、使って見たい方はぜひどうぞ♪
● 老舗BTemplatesよりレスポンシブテンプレート数点紹介します
● 個性的なBlogger用テンプレートを海外ギャラリーよりピックアップします

③ 情報が少ない

  情報は少なくはないです。日本語の情報が少ないだけです。既にBlogger専門の情報を発信しているブロガーが沢山いて、筆者も素人目線の情報を発信して行こうと思っています。情報は増えて行きます。ユーザーが増えればもっと早く増えます。

  筆者は国内ブログも使っていたが何年も放置しています。Bloggerが少しでもアフィリエイトの結果を持たせてくれると、残念ながら国内ブログのコンテンツを充実させるポテンシャルが上がって来ません。せっせとSEO対策を施して、Bloggerサイトを育てるのに忙しいですw