SEO対策を極め検索上位を狙い乍ら趣味のDO IT MYSELF サイトを検索エンジンに登録する(インデックスとも言う)

サイトを検索エンジンに登録する(インデックスとも言う)


  以前書いた記事「Bloggerでブログを作る最初の一歩」の最後に、ある程度記事を用意してから、世間に知って貰う為、検索エンジンに登録しょう、みたいな事を書きました。

  そもそも何故検索エンジンに登録する必要があるのか?

  検索エンジンに登録する事を、インデックスともいいます。クローラがネット世界で情報サイトを巡回する時は、リンクに辿って行くのです。新しいサイトは外部からリンクが無い状態なので、クローラに「新しいサイトが出来たよ」とお知らせしなければ、暫くはクローラが辿り着く方法がないのです。

  暫くと言うのは、新しいサイトのコンテンツが増えるにつれコメント(コメントもリンクです)やpin先で反応があったりして、徐々に被リンクが増えると、クローラもやがては辿り着くことができるようになります。いつどのページがインディックされるかは確認できません。

  何故ある程度記事を用意してから?と思いますよね。

  それはクローラが巡回する時、インデックスする為の条件に見合うコンテンツであるかどうかを判断しているからです。その条件はまた別の記事で話しますが、例えば1投稿分の文字数がどのくらいあるか、1投稿分に同じキーワードが何回重複しているか等々です。ところが、新しいブログにはインデックスするコンテンツページさえ無ければ当然無視します。一昔はクローラの巡回が2~3週間もかかるので、次に巡回して貰うまでかなりのロスタイムになる訳です。

  今のクローラは巡回が1週間ほどに早まり、それなら新しいブログを登録しても大丈夫?

  と、思いたいのは分かります。インターネットの世界をリードしているのは西側の国です。ゆる~とした日本と違って、ルールにはペナルティがあります。例えば無理矢理被リンクを増やす為に相互リンク集を貼ったりすると、そのサイトはインデックスされていたとしても検索結果に出さないような話を聞いた事があります。コンテンツの無い新しいブログは具体的にどう扱われるか、定かではありませんが、検索エンジンにとって、イメージが良くないのは確かです。
  
  ある程度記事を用意しました。それでは、検索エンジンに登録して、自分のサイトを世界中に知らせましょう。

検索エンジンの登録について

  大手検索エンジンはGoogle、Yahoo、Bingがありました。Yahooは何年も前、公式にGoogleの検索エンジンを使う事になりましたので、今はGoogleとBingで殆ど世界中の検索を担っています。AIが発達して独断にネット支配できるなら話は別ですが、当分はこのシェアーをひっくり返せる人はいないでしょう。

  中小検索エンジンもいくつかあるらしいのですが、それはわざわざ登録するほどの事でもないのです。

  では、実際にGoogleとBingにサイト登録をしてみましょう。

Google の検索エンジンに登録する方法

  昔はWEB上URLを入力する単純な方法でしたが、後にウェイブマスターと言う管理ツールがサイト登録の役割を担い、その進化形がGoogle Search Consoleです。Search Consoleは新しいバージョンになり、各種webツール(アナリティクス等)と連携しています。

1. Search Console へログインします


  Search Consoleの左上にあるプルダウンボタンを押すと、下の方に「プロパティを追加」の項目があり、それをクリックします。(バージョンアップで表示画面のデザインが少々変わる場合があります)


  「プロパティを追加」の画面が開いて、URLを入力して「続行」をクリックします。最初の登録には所有権の確認があり、案内された手順通りにすれば大抵問題なく、所有権を確認する事が出来ます。

2. 続けて、サイトURLの全バージョンを追加します

  サイトURLの全バージョンってどういう事?  www有り無しとhttpのs有り無しを言います。例えばurlが sample.comの場合、4つのバージョンがあります。
① http://www.sample.com
② http://sample.com
③ https://www.sample.com
④ https://sample.com

  当ブログはサブドメインなので、wwwバージョンは無く、②と④を登録する事になります。これは検索パフォーマンスが改善されるとSearch Consoleから進められる方法です。

3. サイトマップを送信します

  自分のサイトの構成を知らせるのがサイトマップです。Bloggerの場合、自動生成しますので、サイトのURLの/の後ろに「sitemap.xml」を追加入力して、送信すればいいのです。コンテンツを更新し続けているなら、定期的に送信する事で新しいページをも検索エンジンが認識できるようになります。

Bing の検索エンジンに登録する方法

  Bingのサイト登録はずっと前から変わらず、WEBページからログインせずに登録ができます。ただサイト登録だけでページインデックスについては謎でした、今は登録ページにウェイブマスターツールと繋がっています。

  Bingの国内検索率は約5%と言われ、重要視されない事が多いが、スマホでの集客も見込みたい場合、Bingウェブマスターツールを使う必要があります。何故なら、iphoneのspotlight検索はBingを使っているからです。その検索エンジンにインデックスされるとかなり有利になります。

  Bingウェブマスターツールも現在は無料で使えます。アカウントがない場合は、アカウントの登録から始めて下さい。ここではアカウントを持っている事が前提で話を進めます。


  ログインすると管理画面が出ます、中心の「サイトを追加」をクリックします。


  url、サイトマップ、メアドで登録できました。各種機能のよるデータ表示は1週間ほどかかります。

  長くなるので、それぞれの見方はまた別途記事にします。自分のサイトが成長するのが楽しみですね。筆者も記録をつけているほど、楽しみです♪